--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.0823:02

真六武衆考察・発売1週間前編

タイトル変更した。
さあ発売まで1週間をきったんで六武衆について考えようか。

とりあえず新カードについて1枚ずつ感想。
●《真六武衆-キザン》
場に六武がいるときにSSできる召喚ルール効果。サルベージ効果はないけど師範よりかなり強力。SS条件は師範と同じだけど、師範についている場に1体しか存在できないという真六武にとっては致命的な欠点が消えていて、これがワンキルにつながる。そしてレベル4なので展開の1体目として通常召喚可能、増援でサーチ可能、シンクロの素材として使いやすい。地属性なのでシンクロ先にナチュルの選択肢がある。シュラに一方的な戦闘破壊を許さない1800打点、自身の効果が適用されていればシロッコも殴れる攻撃力。結局最初に効果が判明したこいつが1番強力だった。

●《真六武衆-カゲキ》
召喚時に手札から星4以下の六武をSSする誘発効果。六武衆は1体目の召喚成功時に月の書で裏返されればキザン師範の後続が展開できないというのが弱点の一つだったけど、こいつのおかげでそれがなくなった。召喚に成功すれば必ず2体目のSSをするから、1枚の月の書で後続を防がれることがなくなった。確実に永続魔法にカウンターを召喚2回分乗せれるから、門によるサーチ、結束による2ドローができる。そして守備力が2000なのが大きかったりする。

●《真六武衆-エニシ》
墓地の六武を2枚除外し、モンをバウンスする誘発起動効果。相手ターンも使えるから《強制脱出装置》のような動きが可能。でも墓地の六武2体除外のコストを見る限り、どうみても連発できる効果じゃない。2回効果が使えればかなりいいほうで、ほとんどの場合は六武衆と名のついたバニラのようなことになることが多いと思う。

●《真六武衆-ミズホ》
自分以外の六武リリースで1枚破壊する起動効果。露払いと同じステで、比べて勝っているところは魔法罠も破壊できるということ、場にシナイがいればSSできるということ。悪いところは自身をコストにできないこと、1ターンに1度の制約。どちらがいいかは意見が分かれるところ。

●《真六武衆-シナイ》
自身がリリースされた時に自分以外の真六武をサルベージする強制誘発効果。効果の使いどころとしては、ミズホ、露払い、理、マスドラ等のコスト。それらがない場合はバニラ。ただミズホがいるとSSできる、マスドラで飛べばキザン回収できるという点から、悪いことに使われる可能性99%。100%か?

●《真六武衆-シエン》
レベル5シンクロ。1ターンに1度相手の魔法罠無効破壊。何も考えず相手が発動した魔法罠を無効にするだけで+1のアド。こいつを魔法罠だけで除去るためには最低2枚のカードを消費しなければならなくて、身代わり効果もあるから隣に六武いると更にカードを消費させられる可能性も。カゲキ→影武者→シエンとつなげることで相手の奈落はもうゴミ同然。


感想書くのめんどくなったから以下適当

●《紫炎の狼煙》
つよーーーい。カゲキ影武者の足りないほうをサーチしよう!マスドラ1キルしたい場合はミズホシナイをサーチしよう!!

●よりこ
ごみ。六武ってついてたら強いけどその場合はさすがに壊れすぎるからこれは仕方ない。

●フィールド
ごみ…とまではいわないけどこいつ入れるスペースなんかどこにもない

●荒行
ごみ

●勾玉
神宣ノーコストでカウンターおいしいです^p^おもに奈落ゴドバミラフォ激流ブラホ神宣に使う。門守るためにサイクロンに撃つのもあり。

●影武者
こいつがこなかったらここまで強くはならなかった。六武衆と名のついた地属性チューナーです。効果はたま~に役立つけどだいたいゴミ。バニラ同然。でも強い不思議。


なんか紹介みたくなったけどこれで全部かな?三段斬とかいうゴミはしらね。

ここからデッキについて。とりあえず昨日の時点でのレシピと解説載せます。


モンスター(12枚)
六武衆の師範×3枚
六武衆の影武者×3枚
真六武衆-キザン×3枚
真六武衆-カゲキ×3枚

魔法(21枚)
六武衆の結束×3枚
六武の門×3枚
封印の黄金櫃×2枚
増援
紫炎の狼煙×3枚
死者蘇生
月の書×3枚
強欲で謙虚な壺×3枚
ブラック・ホール
ハリケーン

罠(7枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
次元幽閉×2枚
激流葬


見ての通りすごい尖った構築だけど解説。

◎モン12枚
少ないように見えるっしょ。でもこれで十分だと思った。増援、狼煙、門の存在から一度回り始めると息切れしない。つかってみたぼっとんあさふはわかると思う。ただ、死霊で耐えられることがあるから露払いを1枚入れたい。

◎櫃、剛健フル
兎にも角にも門を引かなきゃ始まらない。でも櫃のサーチ先は常に門というわけではなく、相手が伏せを多用するデッキの場合はハリケーンを手札に入れないとシエンのシンクロまでたどり着かない可能性が高いため、ハリケーンを引っ張ってくる事もしばしば。

◎月の書3
これは汎用性高いから入れたっていう事もあるけど、1番の狙いはライオウ対策。このデッキにおけるサーチカードの比率はかなり高く、ライオウ立たされるだけで手札のほとんどが腐る可能性も少なからず考えられて、なおかつこれからメインにライオウを入れるのが流行っても何の不思議もなく、出くわす可能性がかなり高い。こいつ1体で完封されるのを防ぐための月の書。たとえ相手のデッキにライオウが入っていなくても腐ることはない。アド損なのにつよい!

◎汎用罠の多さ
毎回初手にハリケーン門門カゲキ影武者があればこいつら(罠)はいらないんだけど、そうもいかない。攻めるパーツを集めるための時間稼ぎ。詳しくは後述。

◎サイクロンなし
これは今だからこそ。真六武きたらこうはいかない。それに今サイクロンなしの構築が見えるのはデュアスパ使える光デュアル、GBA使えるBFならではのものであって、六武がサイクロンなしはおかしい。つまりこれに関しては間違ってる。それはわかってる。課題点。入れなきゃならないんだけど入れたくない。これについても後述。


◆コンセプト・まわし方
この構築だとすべてのカードが3種類の役割に分けられる。
A:相手のライフを0にするのに使うカード、それの補助。つまり攻め用。
 ・モン全部
 ・《六武の門》
 ・《死者蘇生》
 ・《ハリケーン》
B:Aの攻め用のカードを集めるためのカード。
 ・《封印の黄金櫃》
 ・《強欲で謙虚な壺》
 ・《増援》
 ・《紫炎の狼煙》
C:攻め用のパーツが集まりきらない、攻めに転じれない場合の時間稼ぎ、守り用。
 ・《奈落の落とし穴》
 ・《次元幽閉》
 ・《聖なるバリア-ミラーフォース-》
 ・《激流葬》
 ・《月の書》
 ・《ブラック・ホール》

最初からAがある程度手札にあれば最初から展開し、Cの罠でシエンをまもりつつ戦う。その場合はBで事故を回避しつつCを集めて守りを固める。

AがなければCで適当に時間稼ぎをしながらBでAを集める。平均して2~3ターン程度ごまかすことができれば攻めに転じることができる。

基本的に必ずA、B、Cのどれかしか引かないわけだから、理論上はどういう手札でも戦えるはず。
Cの役割が非常に重要で、この時間稼ぎ用の罠が少ないと、Bしか手札にない場合に殴られ放題になる可能性が出てくる。そう考えると一見浮いている次元幽閉もかなり意味が出てくる。

ちなみに《神の宣告》が上のどれにも入ってないけど、これはAの攻めに入る場合が多い。ハリケーンがない時でも、シエンの召喚さえ成功すれば相手の薄いバックは怖くないので、神1枚伏せれば次のターンには動ける。
Cとして使う場合は時間稼ぎとしてではなく、展開後のモン維持のために使う。

ここで《サイクロン》の話をすると、直接的にはA、B、Cのどれにも当てはまらない。攻めのパーツでもなく、パーツ集めもできず。自分のライフを守るカードでもない。だから無駄ヅモになる可能性が高く、コンセプトから外れているため、ある種の事故につながる1枚。でもこれがないと、旋風をはじめとする毎ターンアドを稼ぐカードをとめられず、裂け目弾圧スキドレお触れのようなメタカードを割ることができない。(裂け目スキドレはあまりささらないけど)
それに何より【真六武衆】は当然自分だけが使うデッキじゃないので、サイクロンなくしてミラーを戦うのは不可能。

というかそれ以前にこれはミラーの事を全く考えてない形だから、当然完成形ではない。
ミラーの事を考えると、シエンの存在からCのカードが全部ゴミになることすら考えられるけど、ミラー以外ならばかなり必要になってくる。

そんなこんなでサイクロンは入れたくないけど入れなければならないってことですね。

他にも入れたいカードがいっぱいあってもう超ムズい。
●《六尺瓊勾玉》
効果は超強力で、無効にできる範囲もかなり広い。ただしレベル9シンクロに弱い。
強いけど、上のリストだと役に立つことより事故につながる可能性のほうが高いので優先度は低い。

●《諸刃の活人剣術》
かなり入れたい。真六武は蘇生使わない限りチューナーは1ターンに1回しか召喚できないから、どうしてもシンクロは1回しかできない。あれとあれを出せば詰ませれるのにという状況でも、チューナーを召喚する方法がないからシンクロ2体は夢物語。墓地にいるシエンを蘇生させることもできるためゲームエンドまでもっていくだけのパワーがある。優先度高。

●《六武衆の理》
↑と同じ理由。とにかくチューナーをSSする方法がほしい。ただ、ふつうに使うとアド損なので使い方は考えないといけない。

●《トゥルース・リインフォース》
デッキから影武者をSSできるカード。バトルフェイズを行えないというデメリットは相手のエンド時に使えば回避できるけど、門やハリケーン、結束とのシナジーを考えると少し使いづらい。バトルフェイズ関係ないマスドラ1キル型なら問題ないかも。




とりあえず思いつくままに書きなぐったけど、いろいろ書き忘れてる気がするなー。
質問意見あったらぜひ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コッパ

Author:コッパ
岩手県の遊戯プレイヤー
Twitter@coppa_tcg

1番好きなデッキは寒波3緊テレ3のシンクロアンデ
ブリュ返して
ゼンマイとマドルチェも好き

はねまんCS2011 ベスト8(アンデ)
第8回鷹の目CS ベスト8(アンデ)
第2回青森CS ベスト8(アンデ)
第1回仙台CS ベスト16(甲虫装機)
みちのくCS ベスト8(甲虫装機)
第3回仙台CS 3位(ゼンマイ)
第4回仙台CS 4位(征竜)
第7回秋田CS 2位(征竜)
第2回みちのくCS 4位(征竜)
第8回秋田CS ベスト16(マドルチェ)
第10回秋田CS 優勝(マドルチェ)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。